ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

モンゴリアン・ブリング

0
サンプル画像

2012年製作/オーストラリア/作品時間90分
遊牧民や僧侶のイメージはもう古い! 21世紀のモンゴル社会を動かしているのは、ヒップホップだ。共産主義から民主主義への転換という政治的変遷にもまれながら、一度は閉ざされてしまった自国の歴史や文化を掘り起こし、西洋と東洋の狭間で自らのあり方を見出し表現しようとするウランバートルのヒップホッパーたちの姿を描くドキュメンタリー映画。首都ウランバートルの音楽シーンの盛り上がりの裏で、歴史ある伝統音楽を現代的なリズムや歌詞に取り入れ、自分たちの新しいアイデンティティをつくろうとしている動きもみられ、ヒップホップを通して、現代モンゴルの実像を見ることができる作品。
 

監督:ベンジ・ビンクス  
翻訳:玉川千絵子(5th-element.jp)  
出演者: Gennie(ジーニー)、Quiza(クイザ)、 Gee(ジー)  
 

「アーティストは社会を治す医者なんだ。」

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

急激な民主化と経済発展で、社会の歪みを生み出した現代モンゴル。それに対し、ヒップホップを通して警告を発するアーティストたち。彼らは、西側の文化を受け入れながら、一方でモンゴル独自の文化やルーツに強い愛着やプライドを持っています。「西洋文化を直接真似してもダメ。自分たちのルーツを考えるべき」と彼らは言います。かつてはアジアの大地で巨大な帝国を築き、遊牧民族、騎馬民族として独自の文化を継承し続けてきたモンゴル人が、現代の変化をどのように受け止め、それをどのように新たなアイデンティティへと築き上げていくのか、大きく変わりゆくモンゴルから目が離せません。
 

 

予告編

その他の動画

変わりゆくモンゴル 全2本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます