ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

コットンロード

0
サンプル画像

2014年製作/中国・アメリカ/作品時間72分
「シルクロード」ならぬ「コットンロード」は、現代の衣料産業をつなぐ”綿の道”です。このドキュメンタリー映画は、その道を辿りながら、現場で働く人々の姿を見つめます。旅の車窓からは、どのような風景が見えてくるのでしょうか。アメリカ、サウスキャロライナ州からこの旅は始まります。綿花農家を訪ねると、不安定な経営に苦しむ生産者の姿が見えてきます。その綿を輸入する中国でも、紡績工場や織布工場、縫製工場では、いずれも従業員に過酷な労働を強いるものでした。より多くの衣料品を売り、より多くの収入、そして利益を得るため、実際に手を動かす人々は搾取されている現実があるのです。彼らは皆、「少しでも多く稼ぎたい」という一心で、あらゆるものを犠牲にして労働に従事しています。私たちの産業構造と、働く価値を鋭く問いただす作品です。
 

監督・プロデューサー・撮影・編集:ローラ キッセル   
プロデューサー:リ チン   
 

果てしなく積み重なっていく、労働による「犠牲」

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

「綿が全部売れて良い結果だったとしても、収益的に望めない」。ドキュメンタリーに登場する綿花農家のぼやきです。綿を輸入して衣料品に加工する中国の工場を支えているのは、地方からの出稼ぎ労働者です。「お金を稼ぐことしか考えていません。そうすれば早く故郷に帰れるから」と、幼い息子を置いたまま、母親は過酷な労働の日々です。家の雨漏りの修理のために、少女が学校教育を受けず、出稼ぎに行かざるをえない家庭もありました。労働による「犠牲」が、果てしなく積み重なっていきます。人々は、与えられた仕事をどれだけ早く終わらせるかだけを考えて、できるだけ多く稼ごうとします。自分が作っている物品が、どのような人の手に渡り、どのように使われるのかに関心はありません。そうした品物が、どのような末路を迎えるのでしょうか。そこに働く価値は見いだせるのでしょうか。
 

2015年 ビューフォート国際映画祭 最優秀賞 
2015年 ブラックマリア映画祭 審査員賞、最優秀賞 
2014年 サンタモニカインディペンテンド映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞 
2014年 大学映画ビデオ協会 協会優秀賞 
 

 

予告編

その他の動画

労働の大地 全2本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます