ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

父の選択 忘れ難き故郷

0
サンプル画像

2017年製作/中国/作品時間85分
「私たちは自分で人生を決めているのだろうか。それともそう思いたいだけなのか。父は自らの運命を握っていたのか。それとも私たちは時代に翻弄されているだけなのか」。本作は、オランダ在住の中国人女性監督が、老いて故郷・中国に帰るという選択をした父親に、その理由を問いかける作品です。文化大革命の影響で中国から香港へと来て、さらなる成功を求めてオランダへと移り住み、中華レストランを始めた父親。しかしその人生は、決して平坦なものではありません。監督は父親の転機となった人生の選択の理由を探っていきます。親戚の中では、中国に残った者、香港に残った者、オランダに残った者という対比も描かれます。そこから見えてくるものは、父親の人生の選択に大きな影響を与えた中国という国の歴史でした。
 

監督:ヤン・ティン・ユエン  
  

ある家族史から見えてくる、中国の歴史と父の生き様

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

昔気質の無口で頑固な父親に寄り添いながら、父親と家族の歴史を紐解いていく娘。その家族史は、過去50年間の中国における主要な発展と結びついています。1950年代の中国は飢饉にみまわれ、餓死者が続出しました。60年代は文化大革命で中国国内は騒乱にみまわれます。そして、70年代に父は出国し、西側諸国へ。一方中国は、共産主義と資本主義を結びつけ、今日の中国を世界最大の経済大国にまでに発展させました。娘は、父や家族が中国という巨大な国家や時代に翻弄されたのではないかと考えます。だからこそ、父が老いて故郷・中国に帰るという道を選んだ理由を深く知りたいと思ったのです。口数の少ない父が語った言葉の中に、ある中国のことわざがありました。「落葉帰根…舞い落ちる葉は、必ずその木の根元に自分の場所を見つける」。その言葉の意味を知ることで、娘は父の生き様に気づくのです。
 

予告編

その他の動画

父と娘 全3本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます