ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

香港革命2019 【日本初公開】

0
サンプル画像

2019年製作/香港/作品時間50分
2019年、香港の犯罪者を中国本土に引き渡す法案が提出されたことで、香港の人々は蜂起した。中国への引き渡し反対を叫び、約200万人がデモ行進に参加。香港で史上最大規模のデモとなる。香港がイギリスから中国に返還されて22年となる7月1日、デモ隊は香港の国会である立法会の庁舎を襲撃した。香港では、今や公然と多くの市民が政府に反旗を翻している。それは若者だけではない。シニア世代のデモや、街の弁護士団による抗議運動、医療事業者や公務員によるストライキ。香港社会が一丸となってこの抗議運動に参加しているのだ。「共産党の支配下で生きるのは息がつまる。自由もなく、人権を含めすべての権利が剥奪される。そんな国で生きるくらいなら、死んだほうがましだ」。これがデモに参加する香港市民の切実な声だ。徐々に自由が奪われつつあることへの恐れと不満が、彼らを闘争に走らせている。
 

取材:ソフォー・マクニール   
  

「平和的デモは無効だと、あなたたちに教わった」

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

「香港は僕たちの故郷です。自由のため闘うのが僕の使命。命尽きるまであきらめません」。デモに参加する若者たちは、ためらうことなく中国と戦う覚悟を語ります。それは、民主主義と自由のためならどんな手段もいとわないという強い決意です。香港を乗っ取ろうとしている中国共産党に全力で抵抗するというのです。無謀ともいえる彼らの活動は、しかし香港の多くの市民から支持を得て、大きな力を持ち始めています。ネットでつながる彼らは暗号化されたアプリを巧みに駆使して、デモを組織しています。人権が踏みにじられ、リーダーが投獄されても、彼らは前進し続けています。「捕まるのは怖くない?」という問いに、活動家のメンバーは平然と答えます。「自由を奪われることのほうが怖いです。中国に支配され自由を失うことのほうが」。彼らは、中国に服従する以外の生き方を選ぼうとしています。そして香港での運動が、中国全土へ影響を与えることを望んでいます。
 

 
 

予告編

その他の動画

変わりゆく香港 全4本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます