ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

Ryuichi Sakamoto: CODA

0
サンプル画像

2017年製作/日本・アメリカ/作品時間102分
「戦場のメリークリスマス」などで知られる国際的な音楽家の坂本龍一に迫るドキュメンタリー映画。2011年の東日本大震災以来、被災地への訪問を繰り返していた音楽家の坂本龍一は、2012年に宮城県名取市で被災したピアノと遭遇し、津波に流されて水に浸かったピアノの音を聞く。その後坂本は、首相官邸前の原発再稼働反対デモに参加するなど精力的に活動するが、2014年に中咽頭ガンであることを公にする。本作は、東日本大震災をきっかけに変化した坂本の音楽表現と日常を、2012年から5年にわたる取材を通じて映し出す。「ロスト・イン・トランスレーション」などに携わってきたスティーブン・ノムラ・シブルが監督を務め、「CUT」などのエリック・ニアリや、「FAKE」などの橋本佳子らプロデューサー陣が参加している。「全てをさらけ出した」と語る坂本が生み出す新たな音楽が興味深い。

※作品中に津波被害の映像が流れます。

 

監督:スティーブン・ノムラ・シブル  
プロデューサー : スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ  
プロデューサー:橋本佳子  
エグゼクティブプロデューサー : 角川歴彦 若泉久央 町田修一 空 里香  
撮影 : 空 音央 トム・リッチモンド, ASC  
編集 : 櫛田尚代 大重裕二  
音響効果: トム・ポール  
  

「津波ピアノ」の音が、坂本龍一にもたらしたもの

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

かつて電子音楽で世に認められた坂本龍一が、画家がスケッチをするかのように、様々な場所で自然の音の響きに悦び、音楽の素材として用いるための試行錯誤を繰り返す姿を、ドキュメンタリーのカメラは記録しています。9.11そして3.11と遭遇し、物質文明がもたらす荒廃や地球環境の破壊、苛酷な自然災害を目の当たりにしたことが、いかに彼の作品性や人生観に大きな影響を与えたのか、映像は静かに物語るのです。東日本大震災の被災地で「津波ピアノ」の音に共鳴し、原発反対のメッセージを発する彼は、癌を患い、残された人生のなかで、自分が何をなすべきかについて、もう一度、真正面から向き合おうとしているように見えます。人間は、それぞれに与えられた運命の時間のなかで、いかにして生きるかが問われます。あまりに純粋で自由な、彼の音楽への探求。その逞しさと美しさには、圧倒されます。
 

 

第74回ヴェネチア国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門公式出品
 

 

予告編

その他の動画

震災とわたし 全3本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます