ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

勇気を抱いて 【日本初公開】

0
サンプル画像

原題:Still I Strive
2012年製作/カンボジア/作品時間92分

カンボジア・プノンペン。この孤児院では、パフォーマンスを通して傷ついた心を癒し、自らを変えようとする取り組みを行っている。子どもたちは、演技や歌、舞踊を通して、自らと向き合い、悲しみを乗り越えていくという。ドキュメンタリー全編に散りばめられた子どもたちによる演技シーンは、彼らの悲しい過去や、乗り越えなければならない厳しい現実と重なっていく。稽古に、公演に、前向きに頑張っている子どもたちの姿は、悲しさをしっかりと受け止めながら、それでも勇気をもって未来へ向かって力強く生きていくたくましさを感じさせる。
 

監督:アダム・プレガー  
  

問題視される〝孤児院ツーリズム〟に注意

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

今、カンボジアの孤児院は、ボランティアツーリズムと結びついて問題視されはじめています。孤児院への体験ツアーなどが、子どもの搾取につながっているのではないかという指摘です。ボランティアによる支援や寄付を集めるために、貧困地域の子どもたちが親から引き離され、子どもたちが「孤児」として商品のように扱われているのです。また、繰り返しボランティアが訪れ、去っていくことを繰り返すことで、子どもたちに親との離別の記憶を呼び起こさせ、精神的な負担を強いるという専門家の指摘もあります。もちろん、すべての施設に問題があるわけではなく、そうした事実を念頭に、たとえ善意であっても孤児院を支援するには、指導者の理念や施設の取り組みから「偽物」か「本物」か、孤児院の実態をしっかりと見極める必要があります。
 

 

予告編

その他の動画

孤児院の子どもたち 全3本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全135本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全135本一覧へ