ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

SAVE THE CLUB NOON 2016 【日本初公開】

0
サンプル画像

2013年製作/日本/作品時間95分

大阪の老舗クラブ「NOON」が2012年4月に風営法違反「無許可で客にダンスさせた容疑」で摘発された事を受けて7月に開催されたイベント「SAVE THE NOON」の様子や出演者へのインタビューを中心に、摘発の背景にある風営法問題に対するメッセージを投げかけるドキュメンタリー映画。赤犬、いとうせいこう、EGO-WRAPPIN'の中納良恵など、さまざまなジャンルのアーティストがインタビューで語り、風営法のあり方、それに対する表現者の考えを浮き上がらせていく。表現、法律、自由など、あらゆることを考えさせられる作品。本作は、映画公開時にはなかった2016年までの顛末も付け加えたアジアンドキュメンタリーズのオリジナルバージョン。

 

監督・編集:宮本杜朗  
企画・インタビュー:佐伯 慎亮  
出演:RFD tuned by SOLMANIA 、いとうせいこう & DUB MASTER X  
ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、OORUTAICHI  
沖野修也 & 沖野好洋(Kyoto Jazz Massive)、オシリペンペンズ  
KA4U(MIDI_sai)、Calm  
KIHIRA NAOKI(Social Infection)、久保田コージ  
THE CREAMS、サイトウ“JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)  
Sugiurumn、須永辰緒、太華 & 浦友和  
Chieko Beauty、ハナレグミ  
中納良恵(EGO-WRAPPIN’)、中村一元 & 青山敏晴(PUBLIC CAFE)  
七尾旅人、PIKA☆(ex.あふりらんぽ)  
HIDADDY(韻踏合組合)、BIKKE(TOKYO No.1 SOUL SET)  
BLITZ AND SQUASH BRASS BAND   
山本アキヲ & 高山純(AUTORA)  
金光正年(NOON代表)、山本陽平(NOONマネージャー)  
  
  

ダンス禁止?風営法改正へと社会を動かしたドキュメンタリー映画

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

1948年に定められた風営法は、戦後に売春婦がダンスホールで客をとっていた時代の名残で、「客にダンスをさせる」営業が長らく規制されてきました。しかし、大阪の老舗クラブ「NOON」が摘発されたことで、本作を通して、多くのミュージシャンやアーティストが支援を表明、法改正運動が巻き起こり、現在は風営法から「ダンス」の規制が外されました。しかし、深夜のクラブ営業が全面的に解禁された訳ではありません。深夜に酒を飲ませ、ダンスなどの「遊興」をさせる業者は、「特定遊興飲食店」として許可を取得することが義務付けられているのです。本作は、社会にとってダンスとは何かを考える大切な記録です。
 

 

予告編

その他の動画

踊るリビドー 全5本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全135本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全135本一覧へ