ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして

0
サンプル画像

2013年公開/作品時間95分
2004年にイラクで発生した日本人人質事件の被害者の深い苦悩と葛藤を追いながら、果てしなく続くイラク戦争の苛烈な現実と戦争を支持した日本の責任を問いかける。

監督/伊藤めぐみ  
出演/高遠菜穂子・今井紀明 
プロデューサー/広瀬凉二 撮影/伊藤 寛大月啓介大原勢司  
音楽/吉田ゐさお 音効/早船麻季 
製作・配給/有限会社ホームルーム

※本作品には一部のシーンで、戦争中の遺体や凄惨な映像が含まれます。あらかじめご留意ください。特に12歳未満の方の視聴は、保護者の助言・指導が必要です。 

★「ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして」公式サイト
http://fallujah-movie.com/ 

イラク戦争で日本人が問われるもの、それは“自己責任”か

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

2004年4月にイラクで「日本人人質事件」が発生しました。イラク支援のために現地で活動していた3人の日本人が、ファルージャの街で地元の武装グループに人質として拘束されたのです。彼らの要求は「自衛隊の撤退」でした。アメリカ主導によるイラク戦争を日本政府も支持し、人道復興支援のためとはいえ自衛隊を現地に派遣していたことが、イラクの人々の感情を逆なでしたのです。3人は数日後、無事に解放されますが、帰国した彼らを待ち受けていたのは国に迷惑をかけたという「自己責任」を問う激しい批判と誹謗中傷でした。その10年後、人質となった人々はどうなったのか。当時、テレビの制作会社でアシスタントディレクターとして働いていた監督の伊藤めぐみさんは、彼らの足跡を辿り、独力で取材をはじめました。そして、イラク戦争から10年後の現実を目の当たりにするのです。 

2012年 ATP若手映画プロジェクト 第一回支援作品
2014年 第1回 山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞

 

予告編

その他の動画

イラク戦争 その後 全5本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます