ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

イラク チグリスに浮かぶ平和

0
サンプル画像

2014年公開/作品時間108分
「Little Birds -イラク戦火の家族たち-」の“その後”を見つめた作品。日本も支持した戦争が何をもたらしたのか。イラク人家族との出会いと別れ、10年の記録。
©ソネットエンタテインメント/綿井健陽 

撮影・監督/綿井健陽 
プロデューサー/小西晴子 
ポストプロダクション・プロデューサー/安岡卓治 編集/辻井潔 
配給/東風 製作/ソネットエンタテインメント・綿井健陽 

※本作品には一部のシーンで、戦争中の遺体や凄惨な映像が含まれます。あらかじめご留意ください。特に12歳未満の方の視聴は、保護者の助言・指導が必要です。

★「イラク チグリスに浮かぶ平和」 公式サイト 
http://www.peace-tigris.com/ 
 

戦火の人生ー それでも、日々はつづいていく。

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

2003年4月、チグリス川周辺を連日襲ったあの激しい空爆の翌日、映像ジャーナリストの綿井健陽さんはバクダッド市内の病院で多くの空爆犠牲者たちと出会いました。全身血だらけの娘シャハッドちゃん(当時5歳)を抱きかかえるアリ・サクバンさん(当時31歳)。彼はこの空爆で3人の幼い子どもを失います。米軍による制圧と占領、宗派抗争、爆弾テロ…。それでも“戦争の日常”のなかを懸命に生きようとする同世代のアリに魅かれ、その後もサクバン一家を追い続けた綿井さんは、開戦からちょうど10年目に彼と再会するはずでした。「Little Birds -イラク 戦火の家族たち-」の“その後”を追った本作は、開戦後のイラクの10年を市民の視線で見つめ、あらためて中東を混乱に追いやった原因を問い続けます。 

2014年 第6回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル コンペティション部門大賞

 

予告編

その他の動画

イラク戦争 その後 全5本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます