ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

サーカス・カトマンズ たとえ堕ちたとしても 【日本初公開】

0
サンプル画像

原題:Even When I Fall
2020年製作/作品時間90分
撮影地:ネパール、インド
製作国:イギリス

毎年、約1万人の女性と子どもが、ネパールからインドへ売られる。このルートは世界的にみても人身売買の数が多い。売買された子どもの行き先の1つがサーカスだ。ほとんどの場合、子どもたちは身体的および性的に虐待を受けるという。インドのサーカスから救出されたネパール人のサラスヴァティーは、8歳でサーカスに連れてこられ、14歳でオーナーの息子と結婚し、双子の男の子を産んだ。彼女は、社会復帰を支援する慈善団体の保護を受けながら、やがて自分と同様にサーカスへ売られ、傷ついた仲間たちと出会い、次第にもう一度サーカスへの思いを募らせていく。ネパールで唯一の、新しいサーカスを結成するのだ。

 

監督:スカイ・ニール、ケイト・マクラーノン  
製作:エルム・シェイクリファアル  
製作総指揮:リジー・フランク  
撮影:ベン・マーシャル  
編集:アリス・パウエル  
音楽:ジェリー・レイン  
音響:デニス・ホイートリー、ソルティ・シー  
  
  

サーカスの奴隷から、サーカスの希望の星へ

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

「サーカス・カトマンズ」は、幼くしてサーカスに売られ、心身ともに深く傷ついた子どもたちが、今度はサーカスで自らを取り戻し、パフォーマンスを通じて人々にメッセージを伝えようと結成したネパール唯一の現代サーカスです。これまでネパールでは、人身売買を生き延びた女性が、しばしば汚名を着せられ、社会的にも虐げられるという二重の苦しみを強いられてきました。そうした誤解を解き、いかに人身売買が罪深いかを、パフォーマンスに自らの体験を織り交ぜながら伝える活動が、多くのネパールの人々の心をつかみます。そして、そのメッセージは、世界にも届きはじめています。サーカス・カトマンズは、物語とパフォーマンスを通じ、ネパールと世界に向けた啓蒙活動を続けているのです。
 

 


(映画祭)
2020年 ドイツ国際エスノグラフィック映画祭
2019年 LAファム国際映画祭(ロサンゼルス)
2018年 フリーランド映画祭(ウィスコンシン州、グリーンレイク)
2018年 ストックホルム国際映画祭
2018年 DocLounge Film Festival(スウェーデン、ルンド)
2018年 DocLounge Film Festival(フィンランド、ヘルシンキ)
2018年 DocLounge Film Festival(スウェーデン、マルメ)
2018年 DocLounge Film Festival(フィンランド、タンペレ)
2017年 カトマンズ国際映画祭
2017年 南アジアドキュメンタリー映画祭(ネパールプレミア)
2017年 アジャルユース映画祭(カタール、ドーハ)

 

 

予告編

その他の動画

現代の奴隷たち 全3本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全176本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全176本一覧へ