ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

共犯者たち

0
サンプル画像

原題:공범자들
英題:Criminal Conspiracy
2017年製作/作品時間105分
撮影地:韓国
製作国:韓国

2008年、〈米国産牛肉BSE問題〉などの報道により国民の支持を失いかけた李明博政権は、メディアへの露骨な政治介入を始める。狙われたのは公共放送局KBSと公営放送局MBC。政権に批判的な経営陣が排除され、調査報道チームは解散、記者たちは非制作部門へと追われた。両局の労働組合はストライキで対抗するが、政権が送り込んだ新しい経営陣は解雇や懲戒を濫発。その結果、政府発表を報じるだけの「広報機関」となった放送局は、〈セウォル号惨事〉で「全員救助」の大誤報を流し、〈崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件〉の隠蔽に加担することになった……。しかし、局内に残った記者たちは、さらに激しいストライキに突入。不当解雇されたチェ・スンホ監督たちは、市民の支援で立ち上げた独立メディア「ニュース打破」で調査報道を継続。言論弾圧の「主犯」である大統領と、権力に迎合して韓国の報道を骨抜きにした放送業界内の「共犯者たち」をカメラの前に立たせ、その実態と構造とを明らかにしていく。

 

監督:チェ・スンホ  
脚本:チェン・ジェホン  
撮影:チェ・ピョンソク  
音楽:チョン・ヨンジン  
製作:ニュース打破  
配給:東風  
  
  

韓国の露骨なメディア統制の実態から学ぶ

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

韓国メディアには大きな問題が2つあるといわれています。それは、政権が公共放送の人事を掌握し、番組内容に介入したり、政治的な圧力によって政権に有利な報道をしたり、報道の独立性が危ういこと。そして、大口の広告主である財閥による支配を受けやすいことです。こうした韓国の露骨なメディア統制は、保守政権下であっても、革新政権下であっても同じ傾向にあるといわれています。そして、いずれも政権に批判的なジャーナリストは、異動、解雇され、逮捕されることもあるのです。本作は保守政権下での出来事ですが、果たして文在寅大統領の政権下ではどうだったのでしょうか。客観的に検証する視点も忘れてはいけません。また、日本でも報道に対する政権の介入がささやかれています。韓国ほど露骨なメディア統制はなくとも、反面教師として学び、私たちは権力とメディアの関係をしっかり見ておく必要があります。

 

 

予告編

その他の動画

調査報道の闘い 全3本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全176本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全176本一覧へ