ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

スパイネーション/自白

0
サンプル画像

原題:자백
英題:Spy Nation
2016年製作/作品時間106分
撮影地:韓国
製作国:韓国

2013年、脱北者でソウル市の公務員だったユ・ウソンさんが“北朝鮮のスパイ”として拘束された。しかし、国家情報院が提示した明白な証拠は彼の妹の「自白」証言だけ…。疑念を抱いたチェ・スンホ監督は、「ニュース打破」取材班とともに動き出す。取材を進めていくと、国家情報院の協力者が証拠書類の捏造を暴露する遺書を残して自殺を図った。さらに被害者は脱北者だけではなかったことが判明する。韓国、中国、日本、タイをめぐる粘り強い追跡取材の末、映画は40年間途切れることなく続いてきた国家権力の中枢によるスパイ捏造の深い闇へと切り込んでいく。

 

監督:チェ・スンホ  
企画:キム・ヨンジン  
脚本:チェン・ジェホン  
撮影:チェ・ピョンソク  
プロデューサー:キム・ジェファン  
製作:ニュース打破  
配給:東風  
    
  
  

ジャーナリズムの使命は、国家権力の嘘を暴くこと

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

アメリカを代表する調査報道の記者、I.F.ストーンは「すべての政府は嘘をつく」という信念で取材を重ねたことで知られています。いかなる国の、いかなる政府でも、国家権力は、時に不都合を隠蔽し、国民を騙すことがあるという視点を、私たちは忘れてはいけません。本作の「嘘」は、あまりに衝撃的で、その犠牲は大きく、糾弾されるべきものですが、権力による真っ赤な嘘がまかり通るという現実は、日本でも重なるところがあります。騙されるのは国民です。私たちが騙されないために何が必要なのか、国民一人ひとりが意識を高め、しっかりと議論すべきではないでしょうか。例えば、調査報道の基本である裁判記録の取得や、情報公開のあり方など、日本にも課題になる点は多々あります。公表された情報による積み重ねで、誰もが検証できる形での調査報道こそ、国家権力の「嘘」を追及するための大きな力になるのです。

 

 

予告編

その他の動画

調査報道の闘い 全3本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全176本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全176本一覧へ