ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

わが祖国イランの正義を願って 人権弁護士ナスリンの闘い 【日本初公開】

0
サンプル画像

原題:NASRIN
2020年製作/作品時間90分
撮影地:イラン
製作国:アメリカ

女性や子ども、宗教マイノリティの権利を守ろうとする人権派女性弁護士、ナスリン・ソトゥデの活動に密着したドキュメンタリー。服装が規定され、一夫多妻制で夫の許可なく旅行ができないなど、イランには女性の権利にさまざまな制約がある。ベールを脱ぐことは禁忌とされる中、「何を着て何を着ないかを決める権利は、女性にもある」と、事務所ではベールを着けない。女性差別への抗議署名100万筆を議会に提出すると、自身も政治犯として逮捕・投獄されたが、「言い続けることが大事」と信念を曲げない。ナスリンの姿勢に触発された女性たちが、街角で脱いだベールを旗のように振り、SNSで発信を始めた。自由と尊厳を求める彼女たちの闘いは続いている。
 

監督・製作・脚本:ジェフ・カウフマン  
製作総指揮:ハーディー・ガメイ、デビッド&ホメイラ・ホフマン  
製作:マルシア・S・ロス  
編集:アッシャー・ビンガム  
ナレーション:オリヴィア・コールマン  
  

体制の継続を図る政権に抗う民衆の力

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

1979年のイラン革命後、女性は政府の要職を追われました。離婚する権利も子どもの親権も剥奪。就ける職業にまで制限がかけられたのです。イランの社会には「人権はイランの文化と相容れない」「人権など西洋の考え方」という考え方が根強く存在。人権軽視は対女性に限らず、不当な逮捕や投獄、処刑、拷問死なども確認されています。本作品の象徴となっているベールについてイランの法律は、外国人や旅行者、高官であれ全女性に国内での着用を義務付け。男性には公の場での半ズボン着用を禁じています。女性の社会進出が増える中、革命体制の継続を目論むイラン指導層が、今後どのような対応をとるのかにも注目です。

 

予告編

その他の動画

イランを巡る 全4本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全191本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全191本一覧へ