ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

埋立地の漁民 【日本初公開】

0
サンプル画像

原題:Silent Blues of the Ocean
2016年製作/作品時間27分
撮影地:インドネシア
製作国:インドネシア

南スラウェシ州の州都・マカッサルで行われた埋め立て工事による、漁民の苦悩を描いた作品。アウィとムリの夫婦は船で漁に出るも、稼ぎの大半は投棄されたごみの分別に頼っている。漁場の入り江も漂着したごみで埋め尽くされ、船はごみの運搬に使うようになった。自宅周辺は埋め立て工事の影響で洪水や浸水が起きやすくなり、雨の日は安心して眠れない。貧困に耐え切れず、国外に出稼ぎに行こうとする者もいる。住民の不安をよそに、新たな埋め立て計画が承認された。ジャカルタに次ぐ中心地を目指す都市計画の中で、住民たちはさらに翻弄されてゆく。


 

監督:アルファン・サブラン、アンディ・F・アザフラ  
撮影:アルファン・サブラン、ヌルタキドル・アヌグラ  
編集:ニック・カルパクジャン  
撮影アシスタント:サブリラ・カシム  
音楽:ホアン・マンヤラ  
製作総指揮:アメリア・ハプサリ  
  
  

スラウェシ島にも経済優先の開発計画

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

マカッサル市は東部インドネシアを牽引する主要都市です。港湾による流通業が主な産業で、今後東部インドネシアの重要拠点となるべく、日本企業と共にスマート・エコシティ構想に基づく都市開発計画を立て、道路ネットワークの形成や工業団地、新港湾、住宅やショッピングエリア等を含む開発を積極的に進めています。スラウェシ島は鉱物資源やエネルギー資源にも恵まれており、これらの資源の多くは未採掘です。埋め立て地を拡大し港湾開発を進めることで、インドネシアの経済発展が加速していくと思われます。
 

(映画祭)
2016年デンパサール映画祭 スペシャルメンション

 

予告編

その他の動画

インドネシア 発展の陰で 全5本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全212本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全212本一覧へ