ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

金日成のパレード 東欧の見た”赤い王朝”

0
サンプル画像

1989年公開/ポーランド/作品時間92分
北朝鮮側から提供された資料や案内に一切の演出や主観を加えず、100万人による一糸乱れぬ壮大なパレードをそのまま撮影したポーランド製作のドキュメンタリー。 

脚本・監督/アンジェイ・フィディック
撮影/ミコワイ・ネストロビッチ

全体主義国家の正体に、映画祭は「全編爆笑、失笑、嘲笑の渦」 

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

この作品は 1989年、第32回ライプチヒ国際映画祭でグランプリ(金鳩賞)を受賞しています。会場で上映された時は「全編爆笑、失笑、嘲笑の渦。それ程そこに展開された北朝鮮の真実は、金日成神格化を中心にいまスターリン主義を越え、改革を目指す人々には何とも受け入れがたいものだった」(キネマ旬報 1990.02)のです。ポーランドの日刊誌「GZETA WYBORCZA」(1989年)は以下のように批評しています。「『金日成のパレード』は人類に共通するテーマを扱った普遍性を持つ映画である。この作品が私たちに与えた最も重要な教訓は、多くの人々の中に潜んでいる力強さへの「憧れ」と、大群衆の規律の前に、つい我を見失ってしまうという「魔力」のことなのだ」。 

 
 

予告編

その他の動画

壮大な劇場国家 全5本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます