ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

チベット難民 -世代を超えた闘い-

0
サンプル画像

2002年製作/日本/作品時間108分
チベット亡命政府のあるインドのダラムサラに暮らすチベット難民は、すでに3代目になり、チベット本土を知らない世代が増えています。しかし「第3世代」の彼らが、真の故郷であるチベットへ抱く思いは、今なおしっかりと受け継がれています。中国政府によって統治されたチベットでは、宗教弾圧、環境破壊、人権侵害と、様々な形による「圧政」が続けられてきました。このドキュメンタリーでは、チベットの「民族蜂起」から40年目を迎えたダラムサラで、若い世代を中心に、チベット解放への切なる願いを込めて行われた『平和行進』の様子を克明に記録。世代を超えて闘い続けるチベット難民たちの実像に迫りました。
 

監督・撮影・構成・編集 田中邦彦 
製作 TENSYSTEM



★公式サイト「チベット難民 世代を超えた闘い」 https://kunihimali117.wixsite.com/tensystem/tibet-documentary

遥かなるチベットへの思い それがチベット難民の言動の原点

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

チベット難民は、3世代に渡り、何と闘っているのでしょうか。それは、中国政府による人権侵害であり、環境破壊であり、経済的な搾取であり、文化的虐殺です。奪われた信教・表現の自由を取り戻すためであり、非暴力やスピリチュアリティの意義を世界に訴えるためです。それらは、単にチベットに限定された問題ではなく、世界に問われるものでもありました。 

アメリカの大学院に留学中、本作を企画した田中邦彦監督は、ドキュメンタリー制作を日本のテレビ局や報道関係者に提案しますが、ことごとく断られます。企画書をきちんと読む以前に「チベット問題」とうい文字を目にしただけで拒絶反応を示す日本のテレビ報道関係者に、「ジャーナリズムは死んだのか」と激しく失望したといいます。その後、田中監督は、寄付と自費により、本作を完成させました。

 

予告編

その他の動画

ダラムサラに生きる 全3本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます