ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

雪の下の炎

0
サンプル画像

2008年製作/アメリカ・日本/作品時間75分
33年間の投獄と拷問を生き抜いた、チベット僧 パルデン・ギャツォ氏の不屈の精神を描くドキュメンタリー映画。中国軍の侵攻に対しチベット民族が蜂起した1959年に、平和的なデモを行ったという「罪」で投獄された彼は、想像を絶するむごい拷問を受けながら生き抜き、非業の死を遂げた同胞のため、今も非暴力で闘い続けています。生い立ちから、理不尽な投獄についても淡々と語るパルデン氏からは静かな闘志が伝わってきます。それはチベットの「独立」という願いです。彼の苦悩の半生から浮かび上がるものは、チベット問題だけではなく、人間の持つ精神の計り知れない可能性なのです。
 

監督:楽 真琴 
出演:パルデン・ギャツォ、ダライ・ラマ14世、他 
プロデューサー:楽 真琴 
エグゼクティブ・プロデューサー:モーラ・モナハン 
共同プロデューサー:ジム・ブラウン、ブラダン・ニコリッチ、龍村ゆかり(日本) 
編集:ミリツァ・ゼッツ 
撮影:ブラディミール・スボティッチ、リンク・マグワイア、楽 真琴 
製作:Imakoko Media, Inc. 
共同製作:Argot Pictures、Surla Films 
宣伝協力:龍村仁事務所  
配給・宣伝:アップリンク



★「雪の下の炎」公式ウェブサイト http://www.uplink.co.jp/fireunderthesnow/

鍛え抜かれた鋼のような強靱で美しい独立への祈り

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

ダライ・ラマ法王14世が一貫して主張しているのは、中華人民共和国憲法の枠内におけるチベットの高度な自治です。チベットは中国と共存できるという考えです。しかし、パルデン・ギャツォ氏は、チベットの「独立」を求めて闘っています。求めているのは「自治」ではなく「独立」なのです。どのような身体的な苦痛も乗り越えてほほ笑むことができる鍛え抜かれた鋼のような精神。チベット仏教の真髄を体現する彼の生き様に、人間はこうも強靭で美しい強さを持つことができるものかと驚かされます。チベット問題をいかに解決するのか、その道筋が見えず、中国とどう向き合うべきか様々な議論があるなかで、パルデン氏にとっては、自らの命よりも大切なものを守るために、闘い抜くことを選んだのです。 

「不正には屈しないという私たちの意志は、たとえていうなら、決して消せない炎だ。思い返してみるに、自由への思いは雪の下でくすぶり続ける炎のようなものだった」

パルデン・ギャツォ

 

2008年 トライベッカ映画祭 
2008年 釜山国際映画祭 
2008年 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭

 

 

予告編

その他の動画

僧侶の祈り 全2本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます