ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

パパ・アラエフの音楽王国

0
サンプル画像

2016年製作/イスラエル・フランス/作品時間52分
タジキスタンからイスラエルに移住した陽気で時にメランコリックな中央アジアのブハラ・ユダヤ系の民族音楽を奏でる音楽家一家の物語。民族音楽を聴いて育った一家の三世代が、家長のパパ・アラエフの絶対的な権力のもとで織りなす人間模様を描く音楽ドキュメンタリー。パパに反抗して家を出た長女アダは、アラブの琴カーヌーンを手にバンドへの復帰を望み、その息子で一座の若きスタ-・ツビカは、自分独自の音楽の道を探り始めるのだが…。
 

監督:タル・バルダ、ノーム・ピンカス  
プロデューサー:クリスティーヌ・カムドシュ 
編集:ヤエル・ビトン 
製作:アレグリア・プロダクションズ、ザ・ワンダフル・キングダム・フィルムズ、アルテ・フランス 
 
★公式サイト(英語) 
https://go2films.com/films/the-wonderful-kingdom-of-papa-alaev/ 
 

濃厚な血でつながった音楽一座の、驚くべき伝統と革新

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

人口800万人のイスラエルは国の成り立ちによって、様々な民族が集まり、伝統が融合し、新たな文化が生まれているところです。ソ連崩壊を契機に中央アジアのタジキスタンから移住してきたパパ・アラエフの音楽一家もそうした人々でした。彼らは、タジキスタンで「国の宝」と称された三世代に渡る音楽一家。まさにタジキスタンのジャクソン・ファミリーです。軽快なリズムをアクロバティックに刻む打楽器ドイラ、そしてアコーディオン、バイオリン、アラブの琴カーヌーンのハーモニーが独特の旋律を奏でます。ひとつの“ユダヤ”民族、だけど多様な文化。子や孫たちとともに家族の絆で守り続ける伝統とは何か?挑み続ける革新とは何か?
 

2016年 シカゴイスラエル映画祭 
2016年 フラハティナ 国際ドキュメンタリー映画祭 
2016年 Hot Docs ドキュメンタリー映画祭 公式出品 
2016年 ドクサビフ国際ドキュメンタリー映画祭 公式出品 

 

 

予告編

その他の動画

音楽で感じるアジア 全3本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます