ご購入(¥486)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言

0
サンプル画像

2012年公開/日本/作品時間88分 
木の命を生かし、千年の建物を遺す。法隆寺、薬師寺の再建を手がけ、鬼と称された宮大工 西岡常一の、まさに遺言の数々。そこに受け継がれた古の叡智と匠の執念。


監督/山崎佑次
企画/小林三四郎 ナレーター/石橋蓮司
出演/西岡常一・西岡太郎石井浩司早見浩安田暎胤(薬師寺長老)
聞き手/青山茂(帝塚山短大名誉教授)中山章(建築家)山崎佑次
音楽/佐原一哉 撮影/多田修平 編集/今岡裕之 録音/平口聡


「鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言」 マクザム 
https://www.maxam.jp/products/detail/366/

鉄を使ったら二百年は持たん。木だけで造れば千年は持つ。

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

これは「法輪寺の鬼」「最後の宮大工」と呼ばれた故・西岡常一さん(1908~1995)の偉業を伝えるドキュメンタリー映画です。法隆寺の昭和の大修理、薬師寺白鳳伽藍復興工事などを指揮し、飛鳥時代から続く寺院建築の技術を後世に伝えることに生涯を賭した西岡さんの、まさに遺言ともいえる作品です。受け継がれる伝統の中で、宮大工の技は言葉ではなく体で覚え、長い時間をかけて”盗むもの”とされてきましたが、西岡さんは自身の経験と培ってきた技術、感覚を若い世代に言葉で伝えようとしてきました。記録映像や西岡さんにゆかりのある人々へのインタビューを交え、西岡さんが言葉に託した思いを探ります。 

 

予告編

その他の動画

ニッポンの木造建築 全3本一覧へ 

ログインするとコメントをすることができます