ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

ベイルート 華麗なる黄金時代 【日本初公開】

0
サンプル画像

原題:Beirut, La Vie en Rose
2019年製作/作品時間73分
撮影地:レバノン
製作国:スペイン

かつて“中東のパリ”と呼ばれたレバノンの首都ベイルート。そこで暮らす上流階級の人々の暮らしに焦点を当てたドキュメンタリー映画。「人生を楽しんで、人生を愛する」。彼らは、未来への恐れを克服し、何も変わっていないかのように人生を最大限楽しんで生きている。たとえ、それが、去りゆくものへの郷愁だったとしても…。本作では、レバノン屈指のクリスチャンエリートの4人の生活を追いながら、ベイルートが独立後に歩んできた“華麗なる黄金時代”と、もはや世界で最も政治的に不安定な国のひとつになり、過ぎ去ろうとする輝かしい時代をいつまでも追い続けようとする彼らの複雑な心情を映し出す。


 

監督:エリク・モジェル  
製作:アルベルト・アルカロンス  
製作総指揮:オリオル・コルタカンズ、マルク・ロゼ  
撮影:フェラン・カルベト、エリク・モジェル  
構成:アルベルト・アルカロンス、ファラン・カルベト、エリク・モジェル  
  
  

レバノン大統領に、カルロス・ゴーンを推す声が?

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

日本から逃亡した元・日産CEOカルロス・ゴーン被告は、レバノン国内のカトリック系キリスト教徒「マロン派」。まさにクリスチャンエリートと呼ばれる上流階級の一員です。「日産を立て直したヒーロー」、「巨万の富を築いた成功者」として国民的な人気を誇ります。そうしたことから、レバノンでは彼を本気で大統領に推す声も出ています。レバノンでは、大統領は「マロン派」、首相はイスラム教の「スンナ派」、国会議長が同「シーア派」と宗派別に権力が割り振られているのです。つまり、彼は議長や首相にはなれませんが、大統領にはなれるというのです。爆発で悪化した経済に新型コロナウイルスがさらなる追い打ちをかけるレバノンで、国民たちは何を思うのでしょうか。
 

 

予告編

その他の動画

爆心地 レバノン 全4本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全166本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全166本一覧へ