流転の人生、その先に全3本

究極の選択が迫られる女性たちの人生

どこの国においても、女性の人生は、究極の選択に迫られることが多いのではないでしょうか。一生のうちに大きな節目を乗り越えて生きなければならない中で、その変化の大きさは、時に想像を超えるものでしょう。

人生を柔軟に、そして強かに生きる

結婚で姓が変わり、夫の家に嫁ぎ、子どもを産み育てることは、自らの仕事や生活、人生そのものを大きく左右するのです。それでも多くの女性は、そうした人生と向き合いながら柔軟に対応し、見事に荒波を乗り越えていきます。男性より女性のほうが、人生を柔軟に、そして強かに生きる術を身につけているのかもしれません。

結婚、出産、そして母としての自覚

なかでも、女性の人生を大きく変える結婚と出産。そこには愛する夫や、子どもの存在があり、特に、子どもを守り育てるという母親としての自覚は、無意識に「何があっても生き抜く」というエネルギーを増幅させているのではないかと感じます。

女性の人生を紐解くドキュメンタリー映画の魅力

ドキュメンタリー映画の醍醐味は、波瀾万丈な誰かの人生を短時間で〝疑似体験〟できることですが、なかでも女性の人生を紐解くドキュメンタリー映画はとても魅力的です。そこには、激動の運命、紆余曲折のドラマ、喜びと悲しみ、絶望と希望、あらゆる人生の要素がぎっしりと詰め込まれているからです。

まっすぐな人生なんてない

そうしたドキュメンタリーは、しあわせとは何か、何のために生きるのか、自分にとって大切なものは何かなど、人生の奥深い問いを私たちに投げかけます。自らの人生と重ね、振り返りながら、その答えを探すための機会を私たちに与えてくれるのです。そして私たちに気づかせてくれます。まっすぐな人生なんてないということを。



 
0
ログインするとコメントをすることができます