魅惑のインド大特集全14本

日本人の想像をはるかに超えるインドの現実

ガンジス河で沐浴する人々の間をゆったりと流れていく誰かの遺体。日本なら大事件になるのでしょうが、インドでは誰も気にしてはいません。通りがかりのボートが、あっちへ行けとオールで遺体を突っついて、そのままどこかへと流されていきます。これが水葬です。日本人がそんな場面に遭遇したら、面食らって度肝を抜かれることでしょう。インドの現実は、日本人の想像をはるかに超えているのです。


「なるようにしかならない」というカオスが心地よい

インドでは、私たちが常識的にこうだと思うことが通用しません。こうあるべきという考えにとらわれていても、何も前に進みません。「なるようにしかならない」と自らの心を開放してみる。すると、どうでしょう。不思議なことに、まさにそのカオスが心地よいのです!そして、新境地が開かれます。インドの魅力に取りつかれる人々が大勢いるのもうなずけます。

はかりしれない本当のインドの魅力とは

死生観の違い、圧倒的な人口の多さと経済格差、身分制度や差別、ヒンズー教や仏教を生み出した長い歴史…。それらがシャッフルされて、今のインドがあるといいます。しかし、そこで生きる人々のたくましさに触れることで、私たちも生きる力をもらえるような気がします。アジアンドキュメンタリーズでは、そうした〝ありのままのインド〟の魅力を体感できるドキュメンタリー8作品を配信中。テレビやガイドブックだけでは決して味わうことのできないカオスな魅力を、ドキュメンタリーを通して旅人の視点で疑似体験できます。思わず癖になりそうな、新鮮な衝撃と驚きがあなたを待っています。

 
0