ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

オンライン奴隷市場 【日本初公開】

0
サンプル画像

原題:Maids For Sale
2019年製作/作品時間51分
撮影地:クウェート、ギニア共和国
製作国:イギリス

子どもが売られ、財産のように取引されている。湾岸諸国ではメイドがネット上で売買され、“オンライン奴隷市場”と呼ばれている。取引に使われるアプリは、Google PlayやApp Storeで提供されていたという。これらは、女性や子どもから基本的人権を奪う闇の市場であり、搾取や虐待の温床になっている。一方で、こうしたサービスを利用する側が、これは違法行為であり、人身売買であることに気づいていない現実もある。クウェートにいる70万人のメイドたちもまた、奴隷市場の犠牲者だ。BBCアラビア放送が、クウェートで潜入取材を敢行し、衝撃的な事実を明らかにした。

 

監督・撮影:ジェス・ケリー  
製作総指揮:ロージー・ガースウェイト、ムスタファ・ハリリ  
プロデューサー:オーウェン・ピネル  
編集(デジタルドキュメンタリー):ムスタファ・ハリリ  
  
  

悪用されるデジタル技術は、誰の責任?

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

“オンライン奴隷市場”は、スマートフォン1つで、人身売買に関与することができます。手軽に利用できることから、利用者にも犯罪行為であるという意識が薄く、世界的に深刻な問題が広がっています。グーグル社は「すべての奴隷制度を排除する」と表明しています。フェイスブックのコミュニティ規定では、人身売買に関わる個人や団体の使用を禁じています。アップル社のガイドラインでは、宗教、人種、性別、国などに対するあらゆる差別を禁じています。しかし、差別的なハッシュタグはインスタグラムやグーグル、アップル上に今なお健在です。悪用されるデジタル技術は、誰の責任なのでしょうか?政府が国内法を強化し、企業がユーザーに対して厳しい規制を設けないと、ネット上の人身売買は、これからも続いていきます。
 

 

予告編

その他の動画

視聴率ベスト20 全20本一覧へ 

現代の奴隷たち 全3本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全212本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全212本一覧へ