ご購入(¥495)はこちらから

視聴期限は購入後7日間になります。

以下の月額見放題に登録することで、この動画は見放題になります。

忘れられた子供たち スカベンジャー

0
サンプル画像

1995年製作/作品時間100分
撮影地:フィリピン
製作国:日本

約30年前のフィリピン。過酷な撮影条件下、幾度も挫折しかけながら6年の長期取材で完成させ“スモーキーマウンテン”の名を世に知らしめた執念のドキュメント。
 

監督:マリヤ・ストニテ  
監督・編集:四ノ宮浩  
撮影:瓜生敏彦・JUAN MANUEL  
整音:久保田幸雄・菊池信之  
音楽協力:叫ぶ詩人の会   
配給:オフィスフォープロダクション・パルコ  
製作:オフィスフォープロダクション  
  
★「忘れられた子供たち スカベンジャー」公式サイト  
http://scaven.office4-pro.com   
  

しあわせとは、どんな時でも家族が一緒にいられること。

  • スチール画像
  • スチール画像
  • スチール画像

フィリピン・マニラ市の北にある東洋最大のスラムといわれたゴミ捨て場の街“スモーキーマウンテン”。大量に運び込まれるゴミから発生するメタンガスにより、一日中煙がくすぶる劣悪な環境がその名の由来です。ここには、再生可能なゴミを拾って転売して生きる「スカベンジャー」と呼ばれる人々、約2万1千人が暮らしていました。監督の四ノ宮浩さんが取材をはじめたのは、今から約30年前の1989年。四ノ宮さんが目の当たりにしたのは、老若男女にまじって働く多くの子どもたちの姿でした。過酷な条件下で、撮影は何度となく頓挫しかけますが、四ノ宮さんは6年をかけて撮影を続行。執念で作品を完成させます。フィルムに描かれているのは、鮮烈な印象を残す家族の絆と子供たちの笑顔でした。
 

(映画祭/受賞歴)
第44回マンハイム国際映像祭ベストドキュメンタリー賞受賞作品(ドイツ)
エコメディア国際環境映画祭 1995 Hoimar von Ditfurth賞 受賞(ドイツ)
第4回地球環境映像祭 社会環境映像賞 受賞(日本)
Encontros Internacionais de CINEMA 1996 ベストドキュメンタリー賞 受賞

 

予告編

その他の動画

専修大学 国際コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科 全262本一覧へ 

フィリピンの肖像 全9本一覧へ 

ゴミと私たち 全5本一覧へ 

パッケージプラン 1年見放題 全262本一覧へ 

パッケージプラン 6ヶ月見放題 全262本一覧へ