本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

史上最大の銀行強盗

【日本初公開】
原題:Voodoo Bank Heist
2018年製作/作品時間47分
撮影地:アラブ首長国連邦、マリ
製作国:アラブ首長国連邦

1995年、ドバイ・イスラム銀行から2億4200万ドルを引き出した詐欺師がいた。男の名はババニ・シソコ。「黒魔術」を使って、銀行を破綻寸前まで追い込んだ。その手口は、魔法の部屋にお金を置いておくと2倍に増える、機械に100ドル札を入れると200ドルになって返ってくる、という子ども騙しのようなもの。それでも支店長はシソコを信じた。イスラム教では黒魔術は冒涜とされているが、信じる人が多い。シソコの祖国、アフリカのマリもイスラム教国だが、道具の専門市が開かれるほど黒魔術が浸透している。シソコは騙し取った金を独り占めしようとはせず、慈善活動に多額の寄付も行っていた。自前の飛行機で難民を避難させたり、ホームレス保護施設に寄付したりもした。シソコの目的は? 金の行方は? 詐欺事件の顛末は?前代未聞の詐欺事件を追う。
 
監督:ディーン・アーネット、ブリジット・シェファー 
撮影:クリスティーン・ガラべディアン、パトリック・ヘルー・スタジオ、ダン・ペレス
編集:フアド・チャバウィ
 
◆イスラムの教義と土着的アミニズムの混在◆
イスラム教では利息を取ることが禁止されており、建前上は金利が存在しないことになっていました。1975年にドバイ・イスラム銀行が誕生したことで、石油マネーがドバイ経済の活性化に大きく寄与することができました。魔術はコーランで禁止されていますが、魔術が広く普及し、浸透しているイスラム教徒コミュニティも存在します。病気や貧困をもたらす黒魔術、幸運や健康をもたらす白魔術とも信じられているのです。特にアフリカやインドネシアでは、イスラム教と土着的な呪術信仰やアニミズムが混在し、イスラム教徒の中に魔術が信仰として定着している地域もあります。
 
[予告編]

カテゴリ

お気に入り登録

お気に入り登録数:14