本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

人間の穴

【日本初公開】
原題:Human Holes
2021年製作/作品時間30分
撮影地:モンゴル
製作国:ドイツ

ウランバートルで暮らすホームレスのコミュニティを追った生活記録。主人公のハフフは妻子と別れ、ゴミの山から空き瓶を集めて暮らすベテランのホームレス。彼を慕うチンギスらとともに、マンホールの中を寝食の拠点にしている。マイナス40度まで冷え込むウランバートルの街で、温水パイプが引かれたマンホールは、彼らにとって唯一のシェルターだ。しかし、マンホールの中は湿度が高く結核を患う者も多い。近年はマンホールの封鎖が進み、居場所を失いつつあるホームレスたち。それでも彼らは、寒さや貧困、孤独に耐えて生き続ける。

監督、撮影、編集:ポール・ヘンシェル
プロデューサー:エンフツァグ・ダムディンジャブ、アンドレアス・アイゼナハ、ポール・ヘンシェル
音楽:ミヒル・ブリッチ

◆経済崩壊と自然破壊の被害者が逃れ着いたマンホール◆
社会主義国だったモンゴルは、ソ連崩壊とともに民主化と市場経済の導入に舵を切りました。しかし急激な改革のあおりで貧富差が拡大し、失業者は急増。多くのホームレスやアルコール中毒者を生み、犯罪や家庭内暴力、社会不安が増大しました。市場経済導入直後には“マンホールチルドレン”と呼ばれる、マンホールで暮らすストリートチルドレンの存在がクローズアップされ、保護活動が活発になりました。その後、異常気象により家畜が死滅し生活が立ち行かなくなった遊牧民が都市圏に流入。仕事を得られずホームレス化した彼らが、今はマンホールで暮らしています。

[予告編]

(受賞歴/映画祭)
2017年 the Camgaroo Award 最優秀ドキュメンタリー


カテゴリ

お気に入り登録

お気に入り登録数:12