本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

HIKIKOMORI フランス・日本

【日本初公開作品】
原題:HIKIKOMORI:THE LOCKED GENERATION
2020年製作/作品時間69分
撮影地:フランス・日本
製作国:フランス
 
これまで「ひきこもり」は日本特有のものとされてきたが、もはや世界共通の社会問題として知られるようになっている。日本では「ひきこもり」が100万人を超える一方、フランスでは若年層が数万人いるとされ、家族を巻き込んで深刻化している。本作では、苦悩する本人や途方に暮れる親の証言、日本の事例を研究しながら解決の糸口を探ろうとするフランスの精神科医や支援者たち、さらにフランスの視点から垣間見た日本の現状を取材し、「ひきこもり」の背景にはどのような問題が隠されているのか、解決策はないのか、将来社会に与える影響などについて丹念に紐解いていくドキュメンタリー。
 
監督:ミカエル・ガニェ  
制作:マルク・ベルデュゴ、バルバラ・コンフォルティ  
編集:マチュー・レール  
音楽:マクシム・ボーデ  
ナレーション:イアン・ビショップ  
撮影:ガブリエル・ブティ、ジョゼフ・アレイ 
 
◆コロナ禍の影響により、世界中で深刻化する「ひきこもり」◆
2020年11月、フランスでは若年層の失業率が22.1%(65万人)を記録しました。イタリアでも29.5%(41万4,000人)の若年層が失業しています。こうした状況下で、フランスでも、イタリアでも、「ひきこもり」が深刻化している現状があります。コロナ禍によって就職できず、自立する機会を失った若者たちが、自らを価値の無い存在と感じ、絶望的な孤立感にさいなまれているのです。かつて日本でも不況と就職氷河期の世代で「ひきこもり」が生まれ、長期化・高齢化しています。80代の親が、50代の子どもの経済的支援を余儀なくされる「8050問題」は、その象徴といえます。コロナ禍がもたらす社会への大きな打撃は、「ひきこもり」を予想できないほどの大きな規模で、悪化させかねないのです。

[予告編]

カテゴリ

お気に入り登録

お気に入り登録数:138