本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

世界に伝える ウイグル族強制収容所

【日本初公開作品】
2019年製作/中国・オーストラリア/46分
オーストラリアで暮らす多くのウイグル人たちが、新疆ウイグル自治区で続いている中国政府によるウイグル族への弾圧について、ついにその実態を世界に伝えようと決心し、悲痛な心情を証言しました。また、“世界最大の刑務所”といわれる自治区を、中国政府がどのように運用しているのか、研究者たちの検証を報告します。さらに、収容所内部の映像も独自に入手し、施設内での強制労働など内部の様子についても詳細な証言を得ました。多くの子どもたちが親から引き離され、寄宿学校に送られて、中国化するための再教育が行われている実態についても明かされます。
 
取材:ソフィー・マクニール
 
◆日本は、中国政府のウイグル族弾圧にどう向き合うのか◆
これは、新疆ウイグル自治区で、徹底した文化的ジェノサイド政策が行われている実態を浮き彫りにしたドキュメンタリーです。「全員が潜在的テロリストなので、どんな措置も正当化される」「コミュニティーから成人男女の姿が文字どおり消失した」。語られる実態は、想像を絶する事態が進行していることを示唆するものばかりです。すべては、中国政府による極めて厳しい情報統制下のなかで行われた取材で、証言者も、取材者も、身の危険を伴うものであったことは十分に想像できます。そうしたリスクを冒しても、国際社会に凄惨な実態を伝えなければならないと決心したオーストラリアのウイグル人たちの思いを、世界がどのように受け止めることができるのかは、大きな課題になっています。日本は、中国政府のウイグル族弾圧にどう向き合うべきなのか、私たち一人ひとりが考えなければなりません。こうした現状で、日本政府の姿勢も問われています。

[予告編]

お気に入り登録

お気に入り登録数:64