本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

千の炎 ー農民による原油掘削ー

【日本初公開作品】
原題:A THOUSAND FIRES
2021年製作/作品時間90分
撮影地:ミャンマー
製作国:フランス、スイス、オランダ、パレスチナ
 
山奥の油井で、手作業で原油を採掘する夫婦と子供たちの日々を追ったドキュメンタリー。妻と一緒に毎日油まみれになってお金を稼ぎ、家族を養っているティン・シュエの、一番の悩みは息子のこと。高校を中退した彼に家業を手伝わせるが、やる気は感じられない。唯一熱心なのがサッカーだった。夫婦で占い師を訪ね、自分たちのことや子どもたちのことを相談する。苦しい生活の中でも、里帰りした娘が産んだ孫に癒やされた。原油の採掘量が少なくなってきた頃、油井の仕事にも農作業にも関心がない息子にサッカーチーム入団のチャンスが巡ってくる。夫婦の、子や孫への愛情が随所にあふれ出ている作品。家族の本質を捉えた映像だ。
 
監督、脚本、撮影:サイード・タージ・ファルーキー  
プロデューサー:エステル・ロビン=ユー  
編集:キャサリン・ラスコン  
音楽:ファティマ・ダン
 
◆枯渇寸前の油田に数千人の労働者◆
ミャンマーは世界7位のコメ輸出国の一つであり、農業は今でも農村部の人々の主な収入源となっています。農業収入は非常に少ないため、多くの人が原油採掘に挑んでいます。ミャンマーには未規制油田があり、そこでは数千人が過酷な手作業で原油を抽出。埋蔵量がほぼ枯渇している場所に、過密とも言えるほどの油井が掘られ、1バレル(約160リットル)を集めるのに1 日以上、ときには数日かかると言われています。 作品中にも登場する占いは「曜日占い」。ミャンマーで古くから好まれている占星術で、ミャンマー人にとっては生活の一部となっています。ミャンマー人は自分が生まれた「曜日」を大切にしていて、曜日によってその人の性格や人生、他者との相性なども決まると考えています。

[予告編]

お気に入り登録

お気に入り登録数:32