本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

機械人間

【日本初公開作品】
原題:MACHINE MAN
2011年製作/作品時間15分
撮影地:バングラデシュ
製作国:スペイン
 
バングラデシュのダッカで、肉体労働や単純労働に従事する人たちを映像に収めた。港湾で終日運搬作業をする者、1日で1万8000個のレンガを手作業で作る職人たち。朝8時から夜8時までプラスチックごみを仕分ける元農民。汚染された川で船体引き上げを担う男たち。人力車夫や荷運び人。生活苦から逃れるために都会に出てきても、与えられる仕事は重労働ばかり。何も考えず、ただ目の前の作業を延々と続ける彼らは、まるで機械だ。大きな夢を見ることもなく、1日の大半を働いて過ごす。貧困から抜け出せない労働者たちの悲哀がにじむ作品だ。
 
監督:ローザ―・コレラ、アルフォンソ・モラル
製作アシスタント:ムシュフィーク・ファハド・アミーン  
音響:サンチャゴ・ラトゥーレ 
 
◆貧困をから抜け出すことが困難な雇用形態◆
バングラデシュはかつて「世界最貧国」と言われたほど、深刻な貧困問題を抱えた国です。貧困原因の一つに挙げられるのが自然災害。国土のほとんどが熱帯モンスーン気候のバングラデシュでは、毎年のように洪水やサイクロン、竜巻などが発生。高潮や鉄砲水、土石流などの被害も深刻です。就業人口の半数以上が第一次産業に就いており、これらの災害の影響を直に受けています。労働者の9割近くが法的な保護が受けられない不安定な雇用形態。給与が不定期給であったり、勤務時間に定めがなかったり、健康保険も社会保障もなく、いつ解雇されるか分からないという厳しい状況に置かれています。

[予告編]

お気に入り登録

お気に入り登録数:55