本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

チベット・ガール 翼を求めて

【日本初公開作品】
原題:The Tibetan Girl
2016年製作/作品時間31分
撮影地:中国
製作国:中国
 
音楽を通じてチベット文化を広めようと、念願の北京にやってきて8カ月。ドルマは漢民族の生活習慣や文化になじめず、生きづらさを感じている。故郷のアバには両親と妹が暮らし、妹もまた進学でアバを離れて海外留学することを夢見ている。ドルマは海外公演のチャンスを得るが、当局がチベット人にかけた制限により、パスポート取得は難航する。運命に翻弄されながらも、一歩ずつ前に進む姿に胸を打たれる。高原の美しい風景と、人々の厚い信仰心をとらえた映像により、ドルマの故郷への思いが一層強く伝わってくる作品だ。
 
監督:ホアチン・ジン  
助監督:ルー・シャオシア  
プロデューサー:チェン・ティエガン  
副プロデューサー:リウ・ウェイ
 
◆チベット人の権利を制限する中国政府◆
米国の人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」が2015年に発表した報告書によると、中国政府は、チベット自治区や新疆ウイグル自治区などの住民のパスポート申請に対し、差別的な対応をとっていることが確認されています。一番の難関は、裁判所や国家安全部、検察局などが発行した証明書の提出を義務づけていること。証明書の入手が難しいこともあって、パスポートの発給に5年以上の年月を要したり、発給が拒否されたりするケースも報告されています。困難さは「チベット人にとって、パスポートの取得は天国に行くより難しい」と言われるほど。漢民族のパスポート発給が15日以内と定められているのとは対照的です。

お気に入り登録

お気に入り登録数:31