本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

私たちより大きなもの

【日本初公開】
原題:Bigger Than Us
2021年製作/作品時間95分
撮影地:インドネシア、レバノン、マラウイ、ギリシャ、アメリカ、ブラジル、ウガンダ
製作国:アメリカ

インドネシア・バリ島でビニール袋の廃止運動を成功させた18歳の活動家メラティが、思いを同じくする世界の若者たちの元を訪ねる。12歳でレバノンに学校をつくったシリア難民の少年は、教育で未来を変えようとする。マラウイの22歳の母親は、“通過儀礼”と称したレイプや児童婚の禁止を訴え、女性の人権を守るために社会と戦う。リオデジャネイロのスラム街で新聞を発行し、人種差別や暴力、犯罪を暴く青年。音楽に込めたメッセージで、化石燃料採掘のための環境破壊を批判するネイティブアメリカンの青年。ギリシャでは、ゴムボートで漂着する難民の保護活動に明け暮れる女性活動家がいる。若者たちが未来の社会や環境を変えるために連帯していくドキュメンタリーだ。
 
監督:フロール・ヴァスール
プロデューサー:ドニ・キャロ
共同プロデューサー:マリオン・コティヤール
音楽:レミ・ブバル
撮影:クリストフ・オーファンスタン
編集:オレリー・ジュールダン

◆社会正義や気候変動に関心が高い世代◆
“Z世代”は、1990年代後半から2010年代前半に生まれた若者たちを指す言葉で、その数は世界人口の約26%、18億人にも上ると言われています。世代的な特徴として、政府や企業にはあまり期待せず社会的正義や気候変動などの課題に対して進歩的なスタンスを取る、アクションを起こすことが自分たちのアイデンティティーと考える、といった傾向があると言われています。また、社会課題に対処する上で、正義や尊厳、平等を優先しているという特徴も挙げられています。その一方で、伝統な制度に対する信頼度が低いため、変化を求めるときの手段が先鋭化しやすいとの指摘もあります。

[予告編]

(受賞歴/映画祭)
 
2021年 カンヌ国際映画祭 オフィシャルセレクション
2021年 第62回ポポリ映画祭 ヤングジュリー賞受賞
2021年 国会勲章賞受賞
2022年 ベターワルド財団 ベストコミットメント賞受賞
2022年 ベターワルド財団 最優秀功績賞受賞
2022年 シネマ・フォー・チェンジ 名誉賞受賞
2022年 Festival À Travers Champs コミットメント賞受賞
2022年 Reel 2 Real 映画祭 エディス・ランド平和賞受賞

お気に入り登録

お気に入り登録数:34