本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

アルヤの絡まった髪の毛

【日本初公開作品】
原題:Gimbal
2020年製作/作品時間17分
撮影地:インドネシア
製作国:インドネシア
 
インドネシア・ジャワ島のディエン高原に伝わる、「ギンバル」と呼ばれる子どもの「絡まった髪」を切る儀式。伝統的風習を尊重しながらも、金銭的な負担に苦悩する親の姿も記録したドキュメンタリーだ。ギンバルは病や災いを招くものとされ、切るために特別な儀式が必要だ。子どもは髪を切る代わりに願い事をかなえてもらえる。ギンバルのある娘、アルヤの欲しい物は「牛」。牛の購入費の他に、切った髪と同じ重さの金も必要と言われ、さらに儀式の準備にも出費がかさむ。夫婦は頭を抱える。タバコの葉を収穫して売るだけの仕事では、到底届かない金額だ。娘を大切に思う親心と、儀式に至る過程で繰り広げられるさまざまな交渉の様子を映像に収めた。
 
監督:シディク・アリヤディ 
脚本:カナ・プラサリ  
プロデューサー:イルナヤニ・ディナ・マハムーダ
 
◆徐々に観光資源化する民族行事◆
「ギンバル」(地域によっては「ゲンベル」)を切るための特別な儀式がルワタンと呼ばれるもの。子どもがある程度自分の考えを話せる年齢になってから行います。なぜならルワタンでは、ギンバルを切る代わりに、子どもの願いを叶えることを重視しているからです。きちんと要求を親に伝えられなければなりません。そして、どんな願いでも必ず叶えなければならない、さもないと、儀式をしてもまたギンバルが生えてくると信じられています。細々と行われてきたギンバルのルワタンですが、近年はディエン高原で開催されるディエン・カルチャー・フェスティバルにおいて、観光の目玉になっています。

[予告編]

お気に入り登録

お気に入り登録数:18